心療内科・精神科・医療相談のことなら 梅田の「まきメンタルクリニック」までご相談ください。

*

海街diary

      あとで読む

みなさん、こんにちは。 そろそろこんばんはの時間ですが・・・。
今日は日差しは強いけれど、風もあって爽やかな一日ですね。

先日、レイトショーで「海街diary 」を観て来ました。

一緒に行った友人と「予告犯」にするかどうかで悩んだ挙句、
じゃんけんで決めるという原始的な方法にしました。
友人が勝ったら「海街diary」、私が勝ったら「予告犯」
で、結局「海街diary」を観て来ました。

監督が是枝裕和監督だったのも、チョイスした大きな理由でした。

実は原作が私の好きな漫画家、吉田秋生だったことは、後で知りました。

以下のあらすじはウィキペディアから引用して改変しています。

鎌倉で暮らす三姉妹。長女の幸、次女の佳乃、三女の千佳の元に、
自分たちが幼い頃に離婚して家を出て行った父の訃報が届いた。

次女・佳乃は15年以上会っていない父の死を特に何とも思えず、
三女・千佳も父との思い出がほとんどなく、佳乃と同じ気持ちだった。
それでも長女・幸の頼みで葬式に出るために山形へ赴いた佳乃と千佳は、
そこで年齢の割にしっかりしている中学1年生の異母妹・すずと初めて出会う。
既に母も亡くしていたすずは父の再々婚相手の家族と暮らしていた。

気丈だが感情を見せないすずに対し、葬儀の打ち合わせで会った亡父の妻は頼りなく、
父を許せず、夜勤を口実に欠席するつもりでいたが、やはり葬式に駆け付けた幸は
葬式からの帰り、すずに「鎌倉に来て一緒に暮らそう」と誘い、すずは快諾した。

こうして異母妹であるすずは鎌倉の異母姉たちが住む一軒家に引っ越してきた。
異母妹を「四女」として迎えた香田家の新たな共同生活が始まる。
転校し、地元のサッカーチームに入って明るく振舞うすずだが、
すずは不倫から始まった両親や自身の出生に関して負い目を感じており、
父や自分の母の話題を避けており、時折ここにいていいのか?と悩んでいた。

原作はもっと長いのですが、映画はおそらく前半の部分でしょう。

この一見穏やかな季節の流れの中でも、日々起こる出来事を通して、
人の生死、恋愛事情、仕事への考え方の変化などが
四季折々の美しい映像の中で描かれています。

しっかりもので仕事も生真面目にこなす長女の幸を綾瀬はるか

ダメンズばかりを好きになるが、次第に仕事にやりがいを見つけ出す次女を長澤まさみ

ほんわかした雰囲気でちょっと破天荒だけど優しい三女を夏帆

異母妹のすずを広瀬すずが演じていますが、
四姉妹の物語の脇を固めるキャストもすごいです。

堤真一、加瀬亮、リリーフランキー、風吹ジュン、大竹しのぶ、樹木希林などの個性派。

このいい味を出している脇役が、へんに目立たない感じの演出はさすがだなと思います。

これは一緒に行った友人も同意見でした。

私は特に加瀬亮とリリーフランキーがこの映画の中では好きな存在でした。

そして、すず役の広瀬すず、きりっとした感じの美少女でした。将来が楽しみです。

優しいけど、そのために人の借金を抱え込んだり、
同情しているうちに妻以外の女性を好きになって、家族を捨ててしまったり、
「優しいけどダメな父」の遺した宝物として、三姉妹は異母妹のすずを迎えます。

でも実際には父を奪った憎い女性と父の間にできた子供を
そんなふうにみれるでしょうか?
「すずには関係ないことなんだから」という台詞が何度も出てきますが、
そんなふうに割り切れるものなのでしょうか?

三姉妹は「優しいけどダメな父」の遺伝子をどこかしら受け継いでいるように感じます。
「ダメなところ、弱いところもあるけれど、
大きな心を持つ優しさ」を持っているのでしょう。

吉田秋生の作品を読んでいたのは「吉祥天女」や
「夢見る頃を過ぎても」くらいでしょうか。
切れ長の目が特徴的な作品で、普通に考えると「えええ?」と思うようなことも
さくっと台詞に入れたりする、ちょっと独特な感覚の漫画家です。
ファンの方はもっと私より詳しいでしょうが・・・。

この「海街diary」もまた、結構衝撃的な内容なのに、なぜかほのぼのとした作品です。

映像化した是枝監督の作風というのもあるのでしょうが。

みんないろいろな事情を抱えて人生を歩んでいる。
悩んだり、悲しんだり、落ち込んだり。
それを素直に表現できる人も、うまく言えない人も。
人に甘えるのが上手な人も、下手な人も。
白黒はっきりしたがる人も、なかなか煮えきらない人も。

いろいろな人がいて、時々その人生が交差して、だから人生は楽しいし、せつない。
そんなことを感じる作品でした。

では今日はレディースデイなので、今から「予告犯」を観に行って来ます。

ひさびさにのんびりした休診日でした。

では今日は話題の映画「海街diary」の予告編を贈ります。

 - 院長のブログ , , ,

  関連記事

DEATH NOTE ~神になろうとした青年1~

みなさん、こんばんは。 台風一過、暑い日が続いたかと思えばまた雨だったりと目まぐ …

開業5年目に突入(*^。^*)

みなさん、こんばんは。 急に寒くなったので、温度差で体調を崩されている方も多いか …

卒業する人と診療妨害?する人と・・・。

みなさん、こんばんは♪ バタバタしてブログをさぼっていたら、早いものでもう8月・ …

漢方のステップアップセミナーに行ってきました。

みなさん、こんにちは♪ またまたとってもご無沙汰です。 11月、12月と自分が講 …

22年目の告白-私が殺人犯です- ~精神科医の視点から~

みなさん、こんばんは。 3連休も終わりましたね。久々に私ものんびり。 一昨日映画 …

ベルソムラのweb講演会をしてきました

みなさん、こんにちは♪ 先週の水曜日に、初めての経験ですが、ベルソムラのweb講 …

年賀状について

みなさん、こんばんは。 今年も私は例のごとく1枚も年賀状を書かないままでした。 …

ドタキャン
完全予約制におけるドタキャンについて

みなさん、こんばんは はぁ… 今日も初診の人が時間間際になってドタキャン。 3時 …

漢方薬について ~週刊新潮の言い分は本当か?~

みなさん、こんばんは。 3連休に狙ったように台風が・・・。 強風域に入る前から結 …

エビリファイ水懸筋注用薬剤 ~その3 究極の治療~

みなさん、こんばんは。 台風が大阪を通り過ぎましたね。 私は明日は福岡に出張なの …